人材育成!数字に強いビジネスパーソンを育成するには?

2019年10月27日
#教育担当者向け#数字苦手!#研修運営#経営者向け

どの様な業界であっても、どの様な職種であっても、ビジネスを進める上では数字を活用するシーンが多々あります。

 

しかし、多くのビジネスパーソンは数字に対する苦手意識を持っています。私の周りにも「数字は難しい」「数字を見ると目眩がする」といった人がたくさんいます。

 

一方で、企業の育成担当者と話をすると「データ分析力を強化したい」「当社の社員は数字に弱い…」といった声を多く聞きます。

 

 では、このギャップをどの様に埋めるべきか? 

 

数字に強いビジネスパーソンとはどの様な人なのか?どの様なスキルを身に付ければ数字に強いビジネスパーソンになれるのか?これらの点から整理する必要があります。

 

数字が苦手な多くのビジネスパーソンは学生時代に数学が苦手だった人が非常に多いです。

数学に対する苦手意識を持ったまま社会に出てしまったがためにビジネスシーンで上手に数字を活用することができません。

 

数字が苦手な人に難しいデータ分析手法や会計スキルを提供しても、数字に対する苦手意識が更に膨らむだけです。

 

弊社が提供する「数的センス向上トレーニング:基礎編」は、数字に対する苦手意識を克服することを目的としています。

「思っていたより簡単だな」「数字を使うと仕事がはかどるな」と感じて頂くことが数字力強化の最初の一歩です。

 

数字に対する苦手意識を克服し、ビジネスシーンで数字を使い続けるきっかけを作るために、ビジネス数学研修の導入をご検討ください!!

 

ビジネス数学研修に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

お問い合わせフォーム