リスキリングの重要性:人材育成ニュース記事考察.1

2022年2月12日
#教育担当者向け#数字苦手!#研修商品#管理職向け

企業の人材育成に関する最新ニュース記事をピックアップする、「人材育成ニュース記事考察」をお届けいたします。

 

大企業が取り組むべき「リスキリング」とは?–三井不動産、日本MS、リクルートワークス研究所が語る

(2022年1月26日CNET Japan ウェブサイトより引用)

https://japan.cnet.com/article/35182445/

 

リスキングとは“デジタルを身につけるための再教育”のことで、特にデジタル変革によって既存の市場をディスラプトされている

大企業にとっては、率先して取り組むべき領域であるとのこと。デジタル人材の育成、DXの推進、AI人材の採用など、

データリテラシーの向上に向けた施策が多く語られています。

 

専門職の人材が更なるスキルアップを目指して、より高度な専門知識を学ぶことも重要ですが、非専門職の人こそ

デジタル人材の一歩目を学ぶべきだと弊社は考えております。

 

オンライン対応が充実してきたことで、効率的に学ぶ環境は日々整備されています。そのため、学ぶ意識の高い人は

よりスキルを身に付けやすくなる一方、学ぶ意識が低い人は取り残されてしまいます。

 

ではどうするか??

 

引用記事にも記載されていますが、「リスキリングが決して「苦行」にならないように」することが

人事教育担当者に求められているのではないでしょうか?

 

弊社が企画運営する「ビジネス数学研修」を受講される方にも、「数字が苦手」な方が多くいます。

苦手な人に難しい(と思われる)研修を提供しても、更に数字が苦手になるだけ。そのため、

「数字を使うことは難しくないな!」「意外と簡単に活用できるな!」

と感じられる研修運営を心がけています。

 

ビジネス数学研修の詳細が気になる方は下記よりご連絡ください。

https://ordenar-consul.com/contact