SEMINAR公開セミナー

受付中
【ライブ配信型オンライン公開セミナー】
“ざっくり”学ぶ財務諸表

受講
対象

・経営者、人事ご担当者
・部門にて教育研修導入をお考えの方
※研修内容は経理財務部門以外の若手~幹部社員を対象としております。

日時
2020年12月16日(水)
09:30~12:30
開催地
オンライン
講師
長谷川 正恒
申込締切日
2020年12月14日
受講料
12,000円(税込)
定員
30人/最少開催人数6人
講師の紹介
長谷川 正恒

20代に外資系サービス業で営業に従事し世界3位の実績を残す。2006年より上場企業にて経営企画、管理業務に従事。30代で上場企業役員就任。M&A実務は事業会社責任者として、国内外で合わせて10件以上のクロージング実績がある。2017年7月現在、国内外数社の取締役を兼務。豊富な実務経験から「実務に即した人材育成」が信条。常に現場視点を持ち続けることで「明日から役立つ」具体的な教育支援を提供。

【過去の経歴】
・エン・ジャパン株式会社(執行役員/経営企画室長)
・株式会社アトラス(経営企画部長)
・キンコーズ・ジャパン株式会社(Sales Manager/District Manager)

研修・セミナーのねらい
ビジネスに必要な5つの力」とは ビジネスシーンにおいて必要とされる数学力は、大きく5 つに分けられます。物事の状況や特徴をつかむ「把握力」、規則性や変化、相関などを見抜く「分析力」、いくつかの事象から最適な解を選ぶ「選択力」、過去のデータから未来を見通す「予測力」、情報を正確に伝える「表現力」です。これらの力は、ビジネスシーンの至るところで求められます。

1.財務3表の基本を”ざっくり”理解します

企業の数字を把握するために財務3表を理解することは非常に重要です。しかし財務3表を「作る」ために必要なスキルと「読み解く」ために必要なスキルは異なり、多くのビジネスパーソンには「読み解く」力が求められます。そのためには財務3表を細かく正確に理解する必要はありません。本セミナーでは財務3表の基本を「ざっくり」理解することを目指します。

2.実践で活かせる企業分析手法を学びます

営業→顧客分析、企画→同業他社分析、管理部門→自社分析、など企業分析を行う場面は多岐に渡ります。企業分析には「必要な情報を収集する」「集めた情報を分析する」「結果言えることをまとめる」の3ステップが必要です。本セミナーでは実在する企業を題材とし3ステップを踏まえた企業分析に取り組みます。

3.会社の数字に関する興味関心を深めます

財務3表は数字の羅列です。数字を数字として捉えるだけでは面白味に欠けるため興味を持つことが難しいです。そのため大切なことは数字と実物を繋ぎ合わせることです。本セミナーでは誰もが知っている有名企業の数字から実物をイメージする等の演習を行うことで会社の数字を理解・把握することの面白さを感じて頂きます。

※本セミナーはオルデナール・コンサルティング合同会社と公益財団法人日本数学検定協会との共同開催となります。
※ご同業や士業の方、個人の方の受講はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。

プログラム
Step1 09:30~10:20 【イントロダクション】
・ビジネス シーンにおける 3 つの数字活用術、財務3表をざっくり理解する
Step2 10:20~11:10 【財務諸表の基本理解】
・財務3表とは?
・連動性を理解する
Step3 11:10~12:05 【財務3表のイメージを掴む】
・有名企業の財務諸表について考えます
・企業分析手法を身に付けます
Step4 12:05~12:30 【実務に置き換える】
・実践での生かし方を考える
申し込みフォーム
お申込みはオンラインで受け付けております。下記のフォームよりお申込みください。