SEMINAR公開セミナー

受付中
【ライブ配信型オンライン公開セミナー】
★数的センス向上ミニセミナー~入門編~★

受講
対象

・経営者、人事担当者、部門にて教育研修導入をお考えの方
・※研修内容は仕事での数字の使い方に苦手意識を持つ方を対象としております

※1開催に付き1社1名様まで無料でご参加頂けます
※2名様以上でのご参加ご希望の場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください

日時
2023年2月21日(火)
10:00~12:00
開催地
オンライン
講師
篠崎 菜穂子
申込締切日
2023年02月17日
受講料
0円(税込)
定員
30人/最少開催人数6人
講師の紹介
篠崎 菜穂子

私立中高一貫校での数学教師を経てフリーアナウンサーに。現在、横浜国立大学大学院先進実践学環に在籍、研究を進めながら、放送大学の聞き手やラジオNIKKEI「日経サイエンス」コーナーのインタビュアー、イベントや式典の司会等を務めている。また多摩大学やNHK文化センター、オンスク.jp等での「ビジネス数学」講座のほか、小学生から大人まで、数学の魅力を伝えるワークショップや講演を全国で行っている。

研修・セミナーのねらい。
本セミナーでは、数字に対する苦手意識を持つ方を対象に、ビジネスシーンに必要となる基礎的な数字力を身に付け、数字で会話ができる人材の育成を目標としています。

 

「ビジネスに必要な5つの力」とは

ビジネスシーンにおいて必要とされる数学力は、大きく5つに分けられます。物事の状況や特徴をつかむ「把握力」、規則性や変化、相関などを見抜く「分析力」、いくつかの事象から最適な解を選ぶ「選択力」、過去のデータから未来を見通す「予測力」、情報を正確に伝える「表現力」です。これらの力は、ビジネスシーンの至るところで求められます。

 

数字に対する苦手意識を克服します

あらゆる業種・職種において、データや数字を用いて定量的に物事を考える力は必要不可欠です。しかし多くのビジネスパーソンは数字が苦手。特に学生時代数学が苦手だった方は数字に対するアレルギーを持つ人も多いです。本セミナーでは、まずは数字に対する苦手意識を克服し、ビジネスシーンでの基礎的な数字の使い方を身に付けます。

 

ビジネスシーンでの数字の使い方を理解します

数字が苦手な方は「数字=難しい」と捉えてしまう人が多く、細かなデータや数字を見ると混乱することがよくあります。しかし専門職でない限り、ビジネスシーンで使用する数字力は「四則演算=算数」が大半です。本セミナーを受講することで簡単な算数がビジネスシーンで役立つことを理解します。

 

数的根拠を用いた選択手法を学びます

学校数学には正解がありましたがビジネス数学には正解がありません。そのため複数の選択肢から最も合理的と思われるプランを選択する場面もあります。正解が分からない中で複数の選択肢からより納得感のある選択を行うには「数字を活用した根拠」を示すことが求められます。

プログラム
Step1 10:00~10:20 【イントロダクション】
・学校数学とビジネス数学の違い
・5つの力
Step2 10:20~11:45 【個人ワーク or グループワーク演習】
・把握力(グラフを把握する)
・選択力(期待値の活用)
・予測力(フェルミ推定)
Step3 11:45~12:00 【実務への置き換え】
・実践での生かし方を考える
申し込みフォーム
お申込みはオンラインで受け付けております。下記のフォームよりお申込みください。

    個人情報の共同利用について

    当社は、本フォームに入力されるものに限らず、当社が保有する個人情報を、当社が公益財団法人日本数学検定協会と共催する、当社が同協会に協力を依頼する又は当社が同協会から委託を受けて実施する研修等のために共同利用することがあります。共同利用に関する情報は以下のとおりです。

    1. 共同利用する個人情報の項目
      全ての個人情報

    2. 共同利用する者の範囲
      公益財団法人日本数学検定協会

    3. 共同利用する者の利用目的
      公益財団法人日本数学検定協会と共催する、当社が同協会に協力を依頼する又は当社が同協会から委託を受けて実施する研修等(当社が公益財団法人日本数学検定協会に代わって提供する同協会の検定試験、e-learning等のサービスを含む)の実施に際し、研修等の実施に関する連絡を行う、受講者の属性を把握して研修等の内容を決定したり研修の結果を分析する、研修実施後のアンケートを収集する、受講者を記録する等

    4. 当該個人情報の管理について責任を有する者
      名称:オルデナール・コンサルティング合同会社
      住所:埼玉県草加市清門1-392-1
      代表者:代表社員 長谷川 正恒